22年度「ZEB」実証事業を募集 高性能建材・設備等導入に上限5億円

  • 印刷
  • 共有
クリックで拡大します
ZEB概念図(出所:SII)
クリックで拡大します ZEB概念図(出所:SII)

環境共創イニシアチブ(SII/東京都中央区)は5月16日、ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)実現に向け、高性能建材・設備機器等の導入を支援する実証事業の公募を開始した。経済産業省の補助事業で、募集期間は6月13日17時(必着)まで。電子申請システム「jGrants」による受付を行う。

同事業は、ZEB設計ノウハウが確立されていない民間の大規模建築物(新築10,000m2以上、既築2,000m2以上)について、先進的な技術等の組み合わせによるZEBの実現を通じ、その運用実績の蓄積・公開・活用を図ることを目的に実施する。また、2017年度より開始した「ZEBプランナー登録制度」と、「ZEBリーディング・オーナー登録制度」を活用することでさらなる相乗効果を図ることとしている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報