東急建設、エネルギー消費予測ツール開発 建築事業脱炭素・デジタルシフトへ

  • 印刷
  • 共有
TC-BESのインターフェース(出所:東急建設)
TC-BESのインターフェース(出所:東急建設)

東急建設(東京都渋谷区)は5月18日、建築物のライフサイクルを通じたエネルギーマネジメント・CO2削減に向けた取り組みとして、BIMを活用した新たなエネルギーシミュレーションツール「TC-BES(Tokyu Construction-Building Energy Simulator)」を開発し、2022年度より試験導入を開始すると発表した。

同ツールは、BIMから生成したエネルギーモデルと、同社が過去に携わったZEB案件のデータベースを利用し、「Open Studio」(エネルギー消費性能計算プログラム)で解析を行う一連のフローを自動化。これにより、「短時間で」「簡易に」「最適な」ZEB提案が可能となり、設計初期段階における一次エネルギー消費量含む、各種エネルギー消費量低減のケーススタディーを、複数案比較・改善することができる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報