関電、コーポレートPPAで2社向けに計20MWの太陽光発電開発・供給

  • 印刷
  • 共有

関西電力(大阪府大阪市)は5月20日、パナソニック オペレーショナルエクセレンス(PEX/大阪府門真市)と、ハイドロエッジ(大阪府堺市)に向けに、コーポレートPPA(電力購入契約)により、それぞれ太陽光発電を開発し、電力の供給と環境価値を提供すると発表した。

具体的には、電力を使用する場所から離れた場所に複数の太陽光発電設備を設置し、それらをまとめて、20年間にわたって各社に電力を供給する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報