日本酸素グループ、ペルーで水素・窒素プラントの運転・保守・供給へ

  • 印刷
  • 共有

日本酸素ホールディングス(東京都品川区)は5月19日、同社の米国事業会社Matheson Tri-Gasのグループ会社であるMatheson Global HYCO Peruが、ペルーの国営石油会社PetroPeru社と同社のTalara製油所向け水素・窒素プラントの運転・保守・供給に関する契約を締結したと発表した。

プラントの建設は完了し同製油所のその他精製プラントとともに試運転の段階にあるという。水素・窒素の供給は、同製油所の稼働状況、ガス需要を鑑みて、2022年下半期以降を予定している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報