熊本空港に1.1MWのカーポート型太陽光発電 九電・三井不がPPAで

  • 印刷
  • 共有
太陽光パネル設置エリア(新ターミナルビル開業後)(出所:三井不動産)
太陽光パネル設置エリア(新ターミナルビル開業後)(出所:三井不動産)

九州電力(福岡県福岡市)と三井不動産(東京都中央区)は5月24日、熊本国際空港(熊本県上益城郡益城町)とPPA契約(電力売買契約)を締結したと発表した。熊本空港の駐車場を利用したカーポート型太陽光発電設備(容量1.1MW)を、2社共同で設置・所有・運用する。

発電した電力は、「熊本地震からの創造的復興のシンボル」と位置付けられる新ターミナルビル(2023年3月開業予定)で使用する。運用開始は2023年11月を予定。熊本空港では民間委託(コンセッション)方式の導入により、2020年4月から民間事業会社である熊本国際空港による空港運営がスタートした。PPAモデルでの太陽光発電設備の導入は、コンセッション空港において初めてとなる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報