戸田建設、全国約350の作業所に蓄電池を標準導入 電力ひっ迫等への対応

  • 印刷
  • 共有
コンテナ内に収納するソーラーパネル付き蓄電池(出所:戸田建設)
コンテナ内に収納するソーラーパネル付き蓄電池(出所:戸田建設)

戸田建設(東京都中央区)は5月より、全国約350カ所の作業所を対象に、環境配慮型蓄電池の標準導入を開始した。この取り組みにより、電力使用がひっ迫する今夏のピークシフトや、自然災害などの緊急事態発生時の事業継続(BCP)に対応する。

今回導入した環境配慮型蓄電池は、REBGLO(東京都千代田区)が開発した持ち運びできる事業用の再利用バッテリー(リチウムイオン電池)。電気自動車(EV)で使用していたバッテリーを再利用して製作された。通常時はコンセントから電源供給しながら充電でき、4〜6時間の充電(満充電)でスマートフォンなら約300台充電、1,000wの照明であれば4.2時間使用できる(4,200wh)。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報