リンナイ、世界初・家庭用給湯器で水素100%燃焼の技術開発に成功

  • 印刷
  • 共有
水素100%燃焼技術を搭載した給湯器のコンセプトモデル(出所:リンナイ)
水素100%燃焼技術を搭載した給湯器のコンセプトモデル(出所:リンナイ)

リンナイ(愛知県名古屋市)は5月30日、家庭用給湯器において世界で初めて、水素100%燃焼技術の開発に成功したと発表した。2022年末ごろからオーストラリアで水素100%燃焼給湯器の実証実験をスタートする予定だ。

CO2排出ゼロのクリーンな燃料として注目されている「水素」は、一方で「爆発の危険性」「不安定な燃焼」などの課題が指摘されてきたという。同社は長年のガス機器開発で蓄積してきた燃焼技術や流体制御技術によりこうした問題をクリアし、今回、水素100%をエネルギーとした家庭用給湯器の開発に成功した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報