イオン全社のCO2排出量・BCP対応等を一元管理 独自システム開発

  • 印刷
  • 共有
(出所:booost technologies)
(出所:booost technologies)

CO2排出量可視化・脱炭素化クラウド「ENERGY X GREEN」を展開するbooost technologies(東京都千代田区)は5月31日、イオン(千葉県千葉市)向けに「AEON Green System」を開発し、提供を開始したと発表した。

「AEON Green System」を活用することにより、イオンはグループ全体において事業の過程で発生するCO2等排出量の算定・管理が可能なるとともに、浸水リスク・地震対策等のBCP対応、施設の安全・安心管理等、CO2排出量算定以外のサスティナビリティマネジメントへの対応が可能となる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報