ENEOS、NECからEV充電サービス事業継承 充電器4600基運営開始

  • 印刷
  • 共有

ENEOS(東京都千代田区)は6月6日、日本電気(NEC/東京都港区)からEV用充電設備を用いた電気自動車(EV)充電サービス事業を承継し、EV用充電器約4,600基の運営を開始したと発表した。

ENEOSは、EVなど電動車普及促進に向けた環境変化をチャンスと捉え、EV用充電器約6,100基の運営・管理とシステム運用を行っているNECとの間で、EV充電ネットワークの拡充と関連した新たなサービスの創出について協業検討を進めてきた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報