東京港コンテナふ頭に再エネ由来電力を導入 CO2年間6000トン削減

  • 印刷
  • 共有
対象となるコンテナふ頭(出所:東京都)
対象となるコンテナふ頭(出所:東京都)

東京都は6月6日、東京港における脱炭素化の取り組みとして、東京港埠頭(同・江東区)が管理運営するコンテナふ頭に順次、再生可能エネルギー由来の電力を導入すると発表した。

まずは7月1日から、品川コンテナふ頭(同・品川区)と中央防波堤外側コンテナふ頭(同・大田区)を対象に、先行してRE100に適用可能な実質CO2フリー電気を導入する。年間で1,243万kWhの電力使用量、約6,000トン-CO2(一般家庭の年間CO2排出量の約2,100世帯分に相当)の排出削減効果を見込む。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報