住友不ら、建物改修による脱炭素効果を発表 CO2排出量47%削減

  • 印刷
  • 共有
(出所:住友不動産)
(出所:住友不動産)

住友不動産(東京都新宿区)は6月16日、東京大学大学院、武蔵野大学と共同で、既存戸建住宅の改修による脱炭素効果に関する共同研究の成果をとりまとめ発表した。建て替えにより、住宅性能は大幅に向上し、建て替え比でCO2排出量を47%削減できることがわかった。

今回の研究は、住友不動産の改修現場で実施された。調査では360°カメラを使用。これにより、建物を3Dモデリング化し収集したデータをもとに、構成資材をデータベース化したBIMを作成。改修前・改修中の資材の動きを細かく把握し、既存利用する部材量を確認することで、更地にして建て替える場合と比較した廃棄物排出量、資材投入量などの削減を定量化し、それに伴うCO2排出量を算定した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報