LIXIL、30年までにスコープ1・2でCO2排出50%減等 新目標設定

  • 印刷
  • 共有

LIXIL(東京都江東区)は6月20日、CO2排出量削減に関する中間目標を更新し、2030年度までにスコープ1・2におけるCO2排出量を2019年度比50%削減、スコープ3を30%削減すると発表した。

同社は、2050年までに事業プロセスと製品・サービスによるCO2排出量を実質ゼロにすることを目指し、事業で使用する電力の再生可能エネルギー化を推進するなど、全社を挙げてエネルギー使用削減に取り組んでいる。今回、これまでの進捗をふまえたうえで、CO2排出量削減に向けて中間目標を刷新した。なおこの取り組みは、国際的な気候変動イニシアチブ「Science Based Targets initiative(SBTi)」が目指す「1.5℃水準」に合致したものであり、同社はSBT認証を更新する予定だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報