JFEスチール、高炉CO2有効利用実証用設備を建設 福山・千葉2カ所

  • 印刷
  • 共有

JFEスチール(東京都千代田区)は6月20日、CO2有効利用技術の実用化試験に向けて、高炉ガスなど可燃性ガスやスラグをはじめとする副産物の有効利用に関する各種試験設備の建設を決定したと発表した。今後、同社西日本製鉄所(福山地区)および東日本製鉄所(千葉地区)に試験設備を建設し研究開発を加速させ、副産物の有効利用などを通じて、CO2排出の大幅削減を目指す。

実用化試験の実施内容は、次のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報