【米国】33年までにロードアイランド州全体の電力を100%再エネで相殺へ

  • 印刷
  • 共有

州議会下院は6月14日、ロードアイランド州のデボラ・ルッジェロ議員が提出した再生可能エネルギーに関する法案を承認した。この法案は、2033年までにロードアイランド州の再生可能エネルギーの生産と供給を大幅に増加させ、州全体の電力の100%を再生可能エネルギーで相殺することを義務付ける。

ルジェロ氏は同法案について「再生可能エネルギーの成長を支援し、2050年までに炭素排出量をネットゼロを目指す目標とも合致している」と述べるとともに、2014年頃と比べ、ロードアイランド州内でのグリーン雇用数は74%増加したことを紹介した。同法案により、今後さらなる雇用創出につながることが期待されるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報