森ビル初のソーラーシェアリング 再エネ電力を虎ノ門ヒルズ森タワーに供給

  • 印刷
  • 共有
運行開始セレモニーの様子(出所:森ビル)
運行開始セレモニーの様子(出所:森ビル)

森ビル(東京都港区)は2月13日、同社初のソーラーシェアリング「森ビル筑西市桑山営農型太陽光発電所」(茨城県筑西市)の運転を開始したと発表した。

同社は2023年度末から2024年度にかけて、農業と太陽光発電を同時に行う「営農型太陽光発電所(メガソーラー)」全6サイト(延べ10ヘクタール以上)の開発を行っており、今回の取り組みはその第1弾として運転開始した。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事