プラゴ、最大6kWのEV充電出力を遠隔制御 提供開始

  • 印刷
  • 共有
充電時の出力の選択(出所:プラゴ)
充電時の出力の選択(出所:プラゴ)

プラゴ(東京都品川区)は6月14日、EV充電器を管理する通信プロトコルOCPP(Open Charge Point Protocol)に準拠し、最大6kWの充電出力を遠隔制御できるEV用充電器「PLUGO BOX(プラゴ ボックス)」の提供を開始したと発表した。

商業施設などの公共エリアにおける利用者の滞在時間および車両性能に応じた充電サービスの拡大を促進するほか、営業車両としてEVを導入する事業所の電力需給に対応した充電運用などを図る。

普通充電器のおよそ倍の速さで充電

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事