ダイハツ、EV電池供給等でCATLと提携

  • 印刷
  • 共有

中国の車載電池大手CATLとダイハツ(大阪府池田市)は11月11日、電気自動車(EV)用バッテリーの供給と、バッテリー技術に関する戦略的協力の基本合意書(MOU)を締結したと発表した。

契約に基づき、CATLは小型車を得意とするダイハツのバッテリーEV(BEV)向けにバッテリーを安定的に供給する予定だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報