メルシャン、藤沢工場にPPAで太陽光発電設備を導入

  • 印刷
  • 共有
メルシャン藤沢工場(出所:メルシャン)
メルシャン藤沢工場(出所:メルシャン)

キリングループのメルシャン(同・中野区)は2023年3月から、藤沢工場(神奈川県藤沢市)へオンサイトPPA(電力購入契約)モデルによる太陽光発電電力を導入する。PPA事業者は三菱商事クリーンエナジー(同・千代田区)の子会社であるMCKBエネルギーサービス(同)。今回の取り組みは環境省「ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業」の採択を受けて実施する。

藤沢工場は、「ビストロ」シリーズといった主力デイリーワインの生産を担っており、メルシャン商品全体の約9割を製造している。この取り組みにより、年間約124tの温室効果ガス(GHG)排出量を削減するとともに、メルシャン全体の使用電力の再エネ比率を現状の約5%から約8%に向上させる。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事