環境省、COP27で展示する日本の環境技術募集

  • 印刷
  • 共有

環境省は7月4日、国連気候変動枠組条約第27回締約国会議(COP27)に設置する「ジャパン・パビリオン」で展示する、脱炭素社会の構築または気候変動適応に貢献する技術の募集を開始した。募集期間は7月29日(必着)まで。

COP27は11月6日~11月18日にエジプトのシャルム・エル・シェイクで開催が予定されている。環境省は、COP27において、日本の環境技術力と気候変動への取組を世界に向けて発信するため、展示やサイドイベントを実施する「ジャパン・パビリオン」を設ける。そこで、その展示として、日本の気候変動対策の長期目標である 「2050年カーボンニュートラル」の実現と世界の脱炭素化又は気候変動適応を支える「ナンバーワン・オンリーワンの環境技術」を募集するとしている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報