三井化学、アジア廃食用油大手に出資 原料調達拡大

  • 印刷
  • 共有
(左) Apeiron Bioenergy, Managing Director Chris Chen氏/ (右)三井化学 代表取締役専務執行役員 芳野 正氏(出所:三井化学)
(左) Apeiron Bioenergy, Managing Director Chris Chen氏/ (右)三井化学 代表取締役専務執行役員 芳野 正氏(出所:三井化学)

三井化学(東京都港区)は8月31日、バイオマス化学品・プラスチックの原料となる廃食用油において、東南アジア・中国地域最大級の集荷・販売会社であるApeiron AgroCommodities Pte. Ltd.(シンガポール)と協業を開始すると発表した。

今回の協業を通じて、三井化学はバイオマス原料の調達拡大を図っていく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報