外務省、途上国で使ってほしい「脱炭素技術関連製品」を募集 NGOと連携し提供

  • 印刷
  • 共有
「脱炭素技術海外展開イニシアティブ」スキーム図(出所:外務省)
「脱炭素技術海外展開イニシアティブ」スキーム図(出所:外務省)

外務省は12月21日、日本企業と日本のNGOが協力して開発途上国の脱炭素化を支援する「脱炭素技術海外展開イニシアティブ」について、日本企業の脱炭素技術関連製品・パッケージの2022年度募集を開始した。応募期間は2023年1月23日まで。

「脱炭素技術海外展開イニシアティブ」は、日本のODA(政府開発援助)スキームの一つである日本NGO連携無償資金協力等を活用した取り組み。日本企業と日本のNGOが協力しつつ、日本企業が有する高度な脱炭素技術を、支援を必要とする開発途上国に提供する。日本NGO連携無償資金協力は、日本のNGOが開発途上国・地域で実施する経済・社会開発事業に政府資金を提供する制度だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事