大林組、建設資材の物流拠点開設 渋滞・排気ガス抑制

  • 印刷
  • 共有
物流拠点「エコロジサイト」(神奈川)(出所:大林組)
物流拠点「エコロジサイト」(神奈川)(出所:大林組)

大林組(東京都港区)は9月9日、建設現場付近の路上待機車両の削減に向けて、地域の建設資材納入車両を一ヵ所に収容する物流拠点「エコロジサイト」のトライアル運用を開始したと発表した。東京・神奈川・大阪の3地域で展開する。路上待機車両を削減することで、交通渋滞や排気ガスを抑制し建設業全体での社会的課題解決を目指す。

運用イメージ図(出所:大林組)
運用イメージ図(出所:大林組)

建設現場では効率的な資材搬入のため、搬入順序や予定時刻をあらかじめ決定し、通行ルートも事前に調整して近隣への迷惑がかからないよう対策を講じている。一方、運行状況などにより資材搬入が計画通りに進まない場合は時間調整のために資材搬入車両を路上待機させる必要がある。そのため、交通渋滞やアイドリングによる排気ガスの排出といった周辺への悪影響を引き起こしてしまうことがあり、課題となっていた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報