ベトナムの工場に5.7MW屋根置き太陽光等 JCM補助事業で5件採択

  • 印刷
  • 共有

環境省は9月29日、2022年度「二国間クレジット制度資金支援事業のうち設備補助事業」のうち、第3次採択案件として5件を選定したと発表した。丸紅の「ファスナー工場及びアルミニウム工場への5.7MW屋根置き太陽光発電システムの導入事業」などが選ばれた。

同事業の2022年度の採択件数は第1次で16件、第2次で4件、今回の5件を合わせると25件(9月29日時点)。同省によると、同事業による2030年までの累積温室効果ガス(GHG)削減量は、約1,944万トンCO2を見込まれるという。今後も、第4次公募(締切りは10月7日正午まで)に向けて案件を募集している。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報