【米国】食品廃棄物の再エネ化加速へ 5社が新規参画

  • 印刷
  • 共有

食品廃棄物のガス化プロジェクト開発などを手掛けるヴァンガード・リニューアブル社(マサチューセッツ州)は、8月2日、食品廃棄物の削減とリサイクルを促進し、再生可能エネルギーの生産を全米に拡大する共同運動であるファーム・パワード・ストラテジック・アライアンス(FPSA)に、新たに5社が参加したことを発表した。

今回参加した5社は、チョバニ、キッコーマン・フーズ、シュライバー・フーズ、ヒルブランド、ポーラー・ビバレッジ。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報