商船三井、バイオ燃料使用のLNG船を試験航行

  • 印刷
  • 共有
LNG船「Papua」(出所:商船三井)
LNG船「Papua」(出所:商船三井)

商船三井(東京都港区)は11月15日、香港のグループ会社が保有するLNG輸送船で、バイオ燃料を使用した試験航行を実施したと発表した。約1,500トンのバイオ燃料をExxonMobil Marineからシンガポール港で補油した。同燃料を使用することで温室効果ガス(GHG)の削減効果が期待されている。

同船「Papua」は商船三井グループのAQUARIUS LNG SHIPPINGが保有する。今回使用した船舶用バイオ燃料は、硫黄含有率0.50%の低硫黄重油(VLSFO)に廃棄物由来の脂肪酸メチルエステル(FAME)を最大25%添加して加工されたもの。FAMEは主に従来のディーゼル燃料に添加するクリーン燃料として使用されている。また、このバイオ成分は、国際持続可能性カーボン認証(ISCC)を受けている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報