トクヤマと三菱ガス化学、工場排出CO2からメタノールを製造 共同検討開始

  • 印刷
  • 共有

トクヤマ(山口県周南市)と三菱ガス化学(東京都千代田区)は6月30日、国内で初となる、工場から排出されたCO2をメタノールの原料として再利用する「環境循環型メタノール」の社会実装について、共同検討を開始すると発表した。

両社は、三菱ガス化学が新たに開発したメタノール製造技術を適用し、トクヤマの徳山製造所(山口県周南市)にて排出されているCO2と、同製造所内で苛性ソーダ製造で生じる水素(H2)を原料としたメタノール製造販売の事業化検討(FS)を行うことに合意し、覚書を締結した。この検討では、バイオマス燃料による自家発電のグリーン電力を利用して製造される水素の活用も視野に入れる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報