スマートエナジー、競合をグループ会社化 太陽光サービスの多様化を目指す

  • 印刷
  • 共有
 (出所:スマートエナジー)
(出所:スマートエナジー)

太陽光発電のO&Mを手がけるスマートエナジー(東京都港区)は10月31日、同業界の競合であるアドラーソーラーワークス(神奈川県横浜市)の株式を取得し、同日、グループ会社化したと発表した。これにより、グループ全体の契約電力量は約4GWに拡大される。

予測技術開発やバランシングビジネスなど提案型サービスを提供

アドラーソーラーワークスは、直流側(DC)、EL検査(PVテストカー)に関する深い知見や、TDD(テクニカル・デューデリジェンス)における高い技術と対応力などの強みを持つ。一方、スマートエナジーは地域ごとの膨大な発電所データやO&Mノウハウに強い。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事