カーボン・クレジット市場、値づけ業者制度を試行導入 5社選定

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

東京証券取引所(東京都中央区)は11月27日、「J-クレジット」を取引するカーボン・クレジット市場において、マーケットメイカー(値づけ業者)制度の試行導入を開始したと発表した。

同制度を試行的に実施する期間は11月27日から2024年2月29日まで。対象となる売買の区分は、J-クレジットの「省エネルギー」と「再生可能エネルギー(電力)」。マーケットメイカーがマーケットメイクを行うべき時間(呼値提示対象時間)は13:00から15:00まで。マーケットメイクとは、取引所が定める条件に従って、マーケットメイカーが継続的に売呼値(売り注文)と買呼値(買い注文)、またはそのいずれかを提示することをいう。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事