【米国】産業ガス大手リンデ、グリーン水素生産倍増

  • 印刷
  • 共有

英国の産業ガス大手のリンデは9月8日、ニューヨーク州ナイアガラの滝にグリーン水素を製造する35MWのPEM(プロトン交換膜)電解槽を建設することを発表した。この施設は、同社最大の電解槽となり、米国における同社のグリーン水素の生産能力を2倍以上に高めることになるという。2025年までに稼働を開始する予定。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報