廃プラから生成油を精製、燃料油の原料に利用できるかを検証 日通と出光

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

日本通運(東京都千代田区)と出光興産(同)は11月30日、使用済み物流資材プラスチックを再資源化(油化ケミカルリサイクル)する実証実験を開始すると発表した。

PPバンド・発砲スチロールなどから生成油を製造

リサイクルの対象は、物流業務において発生する使用済みの梱包材・養生材・輸送容器。ストレッチフィルム・エアキャップ・PPバンド・発泡スチロール・プラスチックパレットなどが該当する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事