WMOらが報告「GHG濃度は過去最高値を記録」

  • 印刷
  • 共有

世界気象機関(WMO)は9月13日、国連環境計画(UNEP)などの国際機関と共同でまとめた報告書「ユナイテッド・イン・サイエンス」を発表し、大気中の温室効果ガス(GHG)の濃度が上昇し続け、過去最高値に達したことを明らかにした。

同報告書は、「パリ協定の1.5℃の目標に沿うためには、2030年の排出削減目標を7倍に高める必要がある」と警告している。

直近の世界のCO2排出量、異常気象の発生状況とは

CO2排出量に関する報告は以下のとおり。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報