大和ハウス、発注者に太陽光提案 全商業・事業用施設

  • 印刷
  • 共有
「オンサイトPPA」スキーム図(出所:大和ハウス工業)
「オンサイトPPA」スキーム図(出所:大和ハウス工業)

大和ハウス工業(大阪府大阪市)は10月1日から、同社が建設および開発する商業・事業用全施設において、発注する顧客に対し、新築建築物の屋根に太陽光発電システムを導入するよう提案を行う。

この提案では、顧客が注文する通常の請負方式に加え、同社が屋根を借りて太陽光発電システムを無償で設置し、発電した電力を供給する「オンサイトPPA」方式も活用する。発電した再生可能エネルギーを入居テナント企業に使用してもらうことで、顧客のCO2削減に寄与する。

同社は再エネ導入拡大に向けて以下のような目標を掲げている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報