Jパワー、バーチャルPPAによる非化石証書取引の実証開始

  • 印刷
  • 共有
実証イメージ(出所:Jパワー)
実証イメージ(出所:Jパワー)

電源開発(Jパワー/東京都中央区)は12月1日、再生可能エネルギーの新たな販売方法への挑戦として、発電事業者と需要家が直接、非FIT非化石証書(非化石証書)の取引を行う「バーチャルPPA(仮想的な電力購入契約)」の実証を開始したと発表した。

この実証においてJパワーは、100%子会社であるジェイウインド(東京都千代田区)が保有する風力発電設備に由来する非化石証書をバーチャルPPAで直接取引し、バーチャルPPAにおける契約リスクや会計処理、適切な非化石証書移転方法等について確認する。これにより今後の再エネ開発・新たな再エネの販売方法の開拓に役立てていく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報