トヨタら、使用済みEV電池を活用し蓄電システム構築

  • 印刷
  • 共有
(出所:トヨタ自動車)
(出所:トヨタ自動車)

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は10月27日、JERA(東京都中央区)と共に、リユースした電動車(HEV・PHEV・BEV・FCEV)の駆動用バッテリーを活用し、世界初となる大容量スイープ蓄電システムを構築し、同日より電力系統への接続を含めた運転を開始したと発表した。

大容量スイープ蓄電システムはトヨタが開発した。このシステムは、豊田中央研究所(愛知県長久手市)が開発した、劣化の程度や電池種類の違いなどにより、性能と容量の差が大きい使用済みの車載電池をつないで大容量化しながら、個々の電池容量を使い切る「スイープ機能」を搭載している。同機能の詳細は以下のとおり。

性能が異なる中古電池の電力を使い切るスイープ機能

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報