下水汚泥の革新的な技術に助成金・最大14億円 肥料の有効利用など

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

国土交通省は1月26日、下水道に関する革新的技術を実証する事業の公募を開始した。今回は、実規模レベルの施設を用いた「実規模実証」と、実処理場などにおいて普及可能性などを調査する「フィージビリティ・スタディ(FS)調査」がテーマ。公募期間は2月22日まで。

下水汚泥資源の肥料利用につながる技術開発などが目的

実証事業の名称は「下水道革新的技術実証事業(B-DASHプロジェクト)」。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事