森ビル、営農型太陽光開発・約10ha 電力はヒルズクラス大規模施設に供給

  • 印刷
  • 共有
(出所:森ビル)
(出所:森ビル)

森ビル(東京都港区)は10月18日、2023年度末から2024年度にかけて、農業と太陽光発電を同時に行う「営農型太陽光発電所(メガソーラー)」について、全6サイト、延べ約10haの開発・運営を開始すると発表した。

ヒルズ電力の使用量、1割程度が再エネに転換

発電所で発電された電力は、東京電力エナジーパートナー(東京都中央区)と、オフサイトフィジカルコーポレートPPAを活用した再エネ電力の供給プランを用いて、森ビルが管理運営する虎ノ門ヒルズ森タワー(東京都港区)などヒルズクラスの大規模施設に供給する。供給量は各ヒルズの電力使用量10~15%規模になる見込みだ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事