「脱炭素先行地域」第2弾発表 新たに札幌市・小田原市など

  • 印刷
  • 共有
環境省
環境省

環境省は11月1日、2030年度までに電力消費に伴うCO2排出実質ゼロを目指す「脱炭素先行地域」の第2弾として、北海道札幌市(共同提案者:北海道ガス等)、神奈川県小田原市(共同提案者:東京電力パワーグリッド)など20地域を発表した。第1弾で選定された26地域と合わせ、計46地域となった。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報