ENEOS堺製油所で放射冷却素材の実証試験 省エネ効果を確認

  • 印刷
  • 共有
実証対象の高圧受変電盤(出所:SPACECOOL)
実証対象の高圧受変電盤(出所:SPACECOOL)

SPACECOOL(東京都港区)は11月17日、ENEOSホールディングス(同・千代田区)らとENEOS堺製油所(大阪府堺市)で放射冷却素材を使用した実証試験を行い、省エネ効果を立証したと発表した。

同製油所で稼働する高圧受変電盤(空調機能保有)の省エネルギー化を目的としたもの。同素材の有無で空調電力をモニターした結果、晴天日では約21%、雨天・曇りの日を含めた全期間でも約20%の空調電力削減効果を確認できたという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報