垂直軸型・浮体式洋上風車の海上実験へ1億円調達

  • 印刷
  • 共有
 ​ウインドファームの想像図。風が吹く方向に20度まで傾く。平均風速程度なら、ほぼ直立だという(出所:アルバトロス・テクノロジー)
​ウインドファームの想像図。風が吹く方向に20度まで傾く。平均風速程度なら、ほぼ直立だという(出所:アルバトロス・テクノロジー)

垂直軸型・浮体式風車の開発を手掛けるアルバトロス・テクノロジー(東京都中央区)は9月14日、ジェネシア・ベンチャーズ(同・港区)から総額1億円の資金調達を行い、浮体式洋上風車の小型海上実験の準備を開始したと発表した。今後、複数の大手電力会社、海運会社と連携して出力20kW未満の小型実験機を製作し、2024年度に海上実験を開始する予定だ。

なお、風車部製造は、連続引抜き成形を得意とする福井ファイバーテック(愛知県豊橋市)、浮体製造はみらい造船(宮城県気仙沼市)が担当する。海上実験により解析・設計手法を確認し、大型機の海上実証プロジェクトに繋げていくという。

浮遊軸型風車(FAWT)は浮体も回転する(出所:アルバトロス・テクノロジー)
浮遊軸型風車(FAWT)は浮体も回転する(出所:アルバトロス・テクノロジー)

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報