ローソン、コーヒー上蓋を変更 プラスチック使用量年間48トン削減

  • 印刷
  • 共有
変更後の上蓋つきのアイスドリンク容器(出所:ローソン)
変更後の上蓋つきのアイスドリンク容器(出所:ローソン)

ローソン(東京都品川区)は11月13日、「MACHI café(マチカフェ)」のアイスドリンクS・Mのプラスチック製の上蓋を、従来のものよりプラスチック使用量を約0.4g削減した上蓋に変更すると発表した。

東北・北関東・中四国地区および沖縄県の約3600店舗にて順次入れ替えられ、2024年3月までに、この上蓋の導入エリアを全国に順次拡大する。この取り組みによるプラスチック削減量は年間約48トンを見込んでいる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事