出光と三菱商事、米国でクリーンアンモニア製造へ 30年に120万tを供給

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

出光興産(東京都千代田区)と三菱商事(同)は2月27日、スイスのメタノール生産大手のPromanが米国で検討を進めているクリーンアンモニア製造プロジェクトに参画すると発表した。2030年度までに年間約120万トンを製造し、生産したクリーンアンモニアは受入拠点を通じて日本国内に供給する。

最新の国産低炭素化技術を採用

生産にあたっては、アンモニア製造プラントに、デンマーク企業Topsøe A/Sの「SynCORTMアンモニアプロセス」と、三菱重工が関西電力(大阪府大阪市)と共同開発したCO2回収プロセス「Advanced KM CDR ProcessTM」が導入される。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事