丸紅と損保ジャパン、太陽光発電パネルのリユース・リサイクルで協業

  • 印刷
  • 共有
瑕疵保証責任保険スキーム(出所:丸紅)
瑕疵保証責任保険スキーム(出所:丸紅)

丸紅(東京都千代田区)、損害保険ジャパン(同・新宿区)、SOMPOリスクマネジメント(同)は11月21日、使用済み太陽光発電パネルの適切なリユース・リサイクルに関する基本合意書を締結したと発表した。合意書に基づき、丸紅が2023年度から販売開始を予定している使用済み太陽光パネルについて、損保ジャパンが瑕疵保証責任保険を付保する仕組みを構築する。

丸紅は環境省事業の採択を受けて、ブロックチェーン技術を活用した使用済太陽光発電パネルに関する「情報管理プラットフォーム」構築を進めている。損保ジャパンの調べによると、プラットフォームを通じた形での使用済みパネルの瑕疵保証責任保険は国内初だという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報