楽天とエネチェンジ、EV充電器の設置拡大へ連携

  • 印刷
  • 共有
楽天トラベルとエネチェンジが設置拡大を進める共同ブランドのロゴのEV充電器(イメージ)(出所:楽天グループ)
楽天トラベルとエネチェンジが設置拡大を進める共同ブランドのロゴのEV充電器(イメージ)(出所:楽天グループ)

楽天グループ(東京都世田谷区)とENECHANGE(同・中央区)は11月8日、電気自動車(EV)充電器の設置拡大を目指すパートナーシップ契約を締結したと発表した。楽天の旅行予約サービス「楽天トラベル」の国内登録宿泊施設約40,000軒を対象に、エネチェンジと共同ブランドで展開するEV充電器「エネチェンジEVチャージ」の設置を働きかける。

エネチェンジは、EV充電器を宿泊施設敷地内へ設置するための宿との個別調整・設置を担う。両者はこの取り組みを通じて、EVシフトと旅行の移動手段におけるCO2の削減を後押しし「サステナブルな旅行」の実現を推進する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報