三菱重工エンジ、欧鉄鋼大手らと協業 CCUS実証で

  • 印刷
  • 共有
 アルセロール・ミタルの製鉄所(出所:三菱重工)
アルセロール・ミタルの製鉄所(出所:三菱重工)

三菱重工エンジニアリング(東京都千代田区)は10月27日、欧州製鉄大手のアルセロール・ミタル(ルクセンブルク)、豪資源大手のBHPら4と共に、炭素の回収・利用・貯留(CCUS)技術の実証を行うと発表した。

CO2回収技術の提供と設計検証を支援

同事業は、複数年の実証試験を共同で実施し、商用化に向け商用機の概念設計も同時に行う。CO2削減が困難なHard-to-Abate分野といわれる製鉄業界におけるCCUS技術の促進を図る。プロジェクトの概要は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報