鉄道脱炭素官民連携プラットフォーム設立 参加者募集

  • 印刷
  • 共有

国土交通省は8月16日、鉄道関係者と民間企業が情報を共有し協力体制を構築するための機関「鉄道脱炭素官民連携プラットフォーム」の参加者募集を開始した。

同プラットフォームは、鉄道分野・鉄道関連分野の脱炭素化に向けた取り組みの加速化・検討の深化のため、鉄道事業者と省エネルギー・再生可能エネルギー関係の技術や知見などを有する民間企業がそれぞれの情報を共有、協力体制を構築し、鉄道分野・鉄道関連分野の脱炭素化の実現を後押しすることを目的としている。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報