荏原製作所、米・農業系スタートアップに出資 屋内型植物生産工場の実現へ

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

荏原製作所(東京都大田区)は2月28日、サステナブルな農業実現を目指す米国のスタートアップ企業Oishii Farm Corporationsに出資したと発表した。既存技術の新分野への転用により、新規事業を創出するのが狙いだ。

農作物の生産で再エネを最適に活用

Oishii Farmは日本の農業技術とテクノロジーを活用した革新的植物工場を運用し、農作物の生産・販売を展開する企業。特に、技術的に難易度が高いとされるいちご栽培では、蜂による自然受粉を用いることで、自動化を伴う完全閉鎖型の植物工場において世界で初めて安定生産することに成功している。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事