パナソニックら、EV最適制御の実証 VPP適応も視野

  • 印刷
  • 共有
(出所:パナソニック ホールディングス)
(出所:パナソニック ホールディングス)

パナソニック(大阪府門真市)と中部電力(愛知県名古屋市)は、電気自動車(EV)の最適な充電管理システムの構築に向けた実証試験を、10月20日から2023年9月30日にかけて実施する。

EV充電を最適制御し消費電力を低減、充電シフトも実施

同実証では、中部電力の技術開発本部を実証フィールドとして、パナソニックが提供する「Charge-ment(チャージメント)」と、中部電力が開発を進めている施設需要予測・EV充電率予測・EV運行計画を組み合わせた際の、システム動作の安定性や経済的効果の大きさ、運行への影響の調査・検証を実施する。取り組みの概要は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報