東急不動産ら、石狩で再エネ100%のデータセンター建設へ

  • 印刷
  • 共有
(出所:東急不動産)
(出所:東急不動産)

東急不動産(東京都渋谷区)は11月14日、Flower Communications(同・中央区)、北海道電力(北海道札幌市)と共同で、北海道石狩市において、再生可能エネルギー100%で運用するデータセンターを建設すると発表した。

再エネ活用とともに災害レジリエンス強化に貢献

同データセンターは敷地面積は約27,300m2、延床面積約10,000m2、サーバーラック数1,350ラック。総事業費は約160億円、2026年開業予定。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報