三井物産、ポルトガルで空港の脱炭素化検討 水素活用

  • 印刷
  • 共有

三井物産(東京都千代田区)は9月13日、ポルトガルにおいて、再生可能エネルギー由来のグリーン水素を活用した空港の脱炭素化に取り組むと発表した。

ポルトガル空港のオペレーターであるANA-Vinci Airport(アナ社)、同国エネルギー大手のGALP(ガルプ社)、燃料電池バスや電気バスを含むバスを製造・販売するCaetanoBus(カエタノバス社)と、「グリーン水素を活用した空港の脱炭素化の検証」を行うことで合意し、覚書(MOU)に署名した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報