【米国】トヨタと米パッカー、水素燃料電池トラックの協業拡大

  • 印刷
  • 共有
水素燃料電池トラック「ケンワースT680」(左)と「ピータービルト579」(右)(出所 :トヨタ・モーター・ノース・アメリカ)
水素燃料電池トラック「ケンワースT680」(左)と「ピータービルト579」(右)(出所 :トヨタ・モーター・ノース・アメリカ)

トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(トヨタ)と米国の大型トラックメーカーであるパッカーは5月2日、トヨタの水素燃料電池モジュールを搭載した水素燃料電池トラックの開発と生産に関する協業の拡大で合意したと発表した。

両社はトヨタの水素燃料電池パワートレイン・キットを搭載したトラック「ケンワースT680」(ケンワース・トラック・カンパニー製)と「ピータービルト579」(ピータービルト製)のゼロエミッション・バージョンの開発・商品化で継続的に協力していくとしている。最初の顧客への納品は2024年を予定しており、トヨタは2023年後半に米国でモジュールの組み立てを開始する。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300円(税込)
年額
15,600円(税込)

関連記事

イベント情報